夏のダメージを無かったことにするためのポイント

夏から秋に肌トラブルで悩む女性

秋は夏の紫外線と気温差(高い外気温とエアコンの効いた低い室温)で肌がダメージを受けた影響がさらに、外気温が下がることで肌表面の温度も下がりがちになり肌不調になりやすい季節です。

夏ダメージと季節の変わり目でゆらぎやすい肌状態を放っておくと、シミや皺やくすみといったエイジングサインが目立ちやすくなるため、夏の終わりから秋の初めにかけてはしっかりと肌を守るスペシャルケアをしてあげる必要があるのです。

大切なことはダメージを受けて弱った肌をケアするときに刺激を与えない事。そして9月に入ったからと言って紫外線対策をおろそかにしない事。

また紫外線を浴びたり冷房にさらされ続けた肌は乾燥し保湿力が低下していますから、しっかりとうるおいを与えることと、季節の変わり目は心身のバランスを崩しやすいため女性ホルモンを整えるサプリを十分摂るようにして、夏のダメージを無かったことにしちゃいましょう。

洗顔

夏のダメージを無かったことにするためのポイント1は洗顔です。

洗顔する女性

夏の終わりころになると肌のキメが粗くなったり、ゴワつきを感じやすくなる方の場合、ターンオーバーのペースが遅くれがちになっていることが原因と考えられます。

十分な栄養チャージと睡眠を取る事でターンオーバーを正常に整えていくと同時に、古くなった角質や不要な皮脂を洗顔できちんと落としてあげるケアが大切です。

洗顔の際にはお肌への刺激に十分注意しつつ酵素洗顔パウダーなどを使ったり、スクラブ入りクレイマスクを使うなどして、毛穴と角質のケアや、くすみ、ゴワつきの対策をしていきましょう。

また、塗って擦って洗い流す簡単美容法のゴマージュを行うのも良いでしょう。撫でるように優しく擦るだけで、古い角質のお手入れができます。

保湿

夏のダメージを無かったことにするためのポイント2は保湿です。

化粧水で頬を保湿する女性

乱れたターンオーバーサイクルを正常に整えていくためには肌のうるおいを回復させることが最も大切です。

保湿ケアは浸透力がある化粧水や美容液を十分使ってお肌にうるおいを与えていきます。

洗顔後、化粧水をつけるまえにブースターミストをつけることで、肌が柔らかくなり化粧水の浸透を高めることができます。

また秋の日差しで日中ほてりを感じた時にもブースターミストをスプレーすることで鎮静化させることもできます。日中のメイク直しやリフレッシュにも便利です。

さらにしっかり夏のダメージを回復させるためにはパックやシートマスクも効果的です。

シートマスクでパックする女性

普段使うよりもあえて贅沢な使い方でうるおいを補うのがコツ。

通常シートマスクは美容液成分が含まれているため毎日使うと肌に過剰に栄養を与えてしまうため、週に1〜2回程度で十分ですが、夏ダメージケアのためには肌状態を確かめながら、あえて毎日使うようにします。

またもらさずシートマスクの効果を得るためにラップでカバーして浸透力をアップさせるのもおすすめです。その際には呼吸がしやすいように、鼻の上下で2枚のラップで覆うのがポイントです。

疲労回復

夏のダメージを無かったことにするためのポイント3は疲労回復です。

体全体が疲れている時にお顔のスキンケアだけでは不十分です。吹き出物が増えたりする原因は夏の暑さの影響で過剰な皮脂の分泌があったためですが、それだけでなくホルモンバランスが崩れることにもよります。

女性のホルモンバランスが狂う原因で最も多いのはストレスです。ちょっとした不安や悩みでも生理周期がズレてしまうことでもおわかりでしょう。

必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が不足していたり、十分良質な睡眠が取れていない場合、ちょっとしたことでもイライラしたりしやすくなり、するとそれがお肌の状態にも影響してくるのです。

疲労回復にはまず必要な栄養素をしっかり摂る事です。秋になり涼しくなってくると食欲は湧きやすくなりますが、食事だけで十分摂ることは難しいことです。そんな時にはサプリメントで抗酸化効果のあるビタミンCやE、エネルギーを作り出すビタミンB群、そして女性ホルモンをサポートする大豆イソフラボンやマカのサプリメントを利用するのも一つの方法です。

サプリメントで栄養補給する女性

また十分な睡眠を取ることも疲労回復やストレスケアには大切です。

良質の睡眠を取るためには日中に適度な運動をすることや、入浴で体を温めて血行を促進することなどが良いですね。

最近では化粧水風呂というのが話題になっていますがご存知でしょうか?

化粧水風呂とは、入浴剤の代わりに化粧水を湯船に入れるもので、手軽に全身の保湿ケアをすることができるのです。

化粧水は保湿するのが目的のものですから、下手な保湿系入浴剤よりも保湿効果が得やすい場合が多いというメリットがあります。

またお気に入りの香りがする化粧水を使えば、その香りに包まれたリラックスタイムを過ごせますので、熟睡もしやすくなります。

疲労回復やホルモンバランスの調整に香りはとても影響するので、睡眠不足を感じているからは特に試してみることをおすすめします。

化粧水風呂の作り方はコップ1杯の化粧水を湯船に入れるだけです。保湿効果がもっとほしいとか、香りを強めたい場合には、量を調整してもいいです。

余った化粧水やお顔に使って合わなくて残ってしまっている化粧水が再利用できますので、経済的なメリットもあります。

まとめ

夏の肌ダメージは放っておいてもなかなか回復しないどころか、それが原因で取り返しのつかない肌状態に変わってしまう可能性が高いですから、普段よりも気合を入れてケアするようにしましょう。

洗顔、保湿ケア、疲労回復の3つが疲れた肌を回復させるポイントなのですが、それらを実行していく中で効果を高めると考えられるのが「香り」です。香りというのは脳の働きにとても密接しているので、リラックスするためや気持ちを盛り上げるためにも、そのためのアロマやお香などがあるくらいです。

アロマオイル

もちろん肌状態を整えていく時にも香りの効果を取り入れていくことにはメリットがあるので、お気に入りの香りのスキンケア商品を探してみるのもおすすめです。

夏のダメージを残したまま秋が過ぎ、厳しい乾燥と寒い冬に突入してしまうと、お肌にとって取り返しのつかない状態になってしまうかもしれません。

9月のうちに夏のダメージは是非無かったことにしてくださいね。

私のお気に入りスキンケア〜アルケミー


アルケミー 公式サイトはこちら