外気の湿度と肌の乾燥は別

湿度も気温も上がる夏場は肌の保湿対策を怠りがちです。しかし実は肌がダメージを受けやすくなるのが夏場なので、しっかりと対策しておくことが必要なのです。

紫外線による肌のダメージ

なぜならば、夏は冬よりも外で活動する時間が長くなりがちですから、紫外線の影響を受けやすいこと。

汗をたくさんかくため、基本の洗顔だけでなく洗い過ぎになりやすいことや、冷房の効き過ぎによる肌の乾燥。

温度差のある室内と室外の出入りを繰り返すことによるストレス。

これらによって肌にとっては厳しい条件が揃うのが夏場なのです。

また肌のうるおい状態と、外気の湿度は関係ないのです。肌のうるおいはバリア機能によって保たれる訳ですが、紫外線によるダメージや必要以上に皮脂を取り除いてしまう洗顔、ストレスなどによってバリア機能が破綻してしまうと、外気の湿度が高くても肌内部は水分を保持しておくことができなくなり、乾燥してしまいます。

冬場は外気の乾燥が厳しいため誰でも保湿ケアを忘れませんし丁寧におこないますし、汗をかくことも少ないためスキンケアの成分がしっかりと吸収されやすいです。

保湿ケアをついつい油断してしまうのが夏なのです。

夏の肌の乾燥対策は

夏の乾燥肌対策は保湿ケアUVケアの両方ということになります。

保湿ケアのポイント

保湿ケアパックをする女性

保湿ケアは肌の細胞間脂質を構成する保湿成分であるセラミドや、NMFという角質層にある天然保湿因子を配合した保湿スキンケア化粧品を使って角質層を守る対策をすることです。

私がレビューしているアルケミーは整肌保湿成分である酵母発酵エキス「VEGAL」。VEGALと相性のいい保湿成分を惜しみなく配合してるパワフルな酵母化粧品ですから、夏場の肌のうるおいもしっかりサポートしてくれていますよ。

アルケミーの商品説明はこちら

UVケアのポイント

日焼け止めを塗る女性

UVケアはSPF(サンプロテクションファクター:主に紫外線B波の防御力)とPA(プロテクショングレイドオブUVA:紫外線A波の防止効果)の数値を、その日の予定に合わせて選ぶようにするといいですね。

例えば1時間以内の外出であればSPF35、PA+++くらい。1時間以上の外出予定(レジャーやスポーツなど)の場合はSPF50、PA++++くらい。

いずれも時間経過とともに効果が落ちるため、こまめに塗り直すことが大切です。

夏場にバリア機能にダメージを受けてしまうと冬の乾燥シーズンには一層肌トラブルのリスクが高まります。

また、乾燥肌から敏感肌への移行リスクも高まりますので、用心に用心を重ねてケアするくらいの心構えが大切です。


アルケミー 公式サイトはこちら