アルケミーの全配合成分

アルケミーに使用されているすべての成分をご紹介しています。ご購入前に気になる成分が入っていないかなど気になる方はこちらでお確かめください。

酵母発酵エキスVEGALと相性の良い保湿成分

ヒドロキシプロリン

天然に存在するアミノ酸の一種。皮膚コラーゲン中に多く含まれていて、プロリンというアミノ酸部分が変化してできます。肌のコラーゲン構造の安定化に寄与します。

ヒドロキシプロリンの誘導体のアセチルヒドロキシプロリンには、創傷を治す効果があると知られています。

アラニン

アミノ酸のひとつ。

肌の角質に存在し肌の水分を保つ天然保湿成分(NMF:Natural Moisturizing Factor)の成分として、化粧品にも配合されています。

わずか0.01mmの薄い角質層がウイルスや細菌などの異物から体を守り、肌のダメージを抑えます。その上、肌の水分が逃げないように水分を保持してくれます。

アセチルグルタミン

アミノ酸類、保湿剤。

浸透型アミノ酸で皮膚コンディショニング剤。

PCA-Na

一般名:dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液。

角質層の中に多量に含まれている有機酸で天然保湿因子の一つ。

皮膚中に存在しているNMFの中で重要な役割を果たす。 無色、透明の液体で、においはなく、水によく溶ける。

吸湿性が高く、皮膚や毛髪に良好な湿潤性を示し、柔軟効果や弾力性を与える。

高温や低温でも安定性がある。 皮膚や目に対し、高濃度でも刺激はほとんどない。

角質層に浸透して強力な保湿効果があるので、乾燥から肌を守る働きがあり、化粧水、乳液、美容液に広く使われる。

他の保湿成分との組み合わせで相乗的な保湿効果が増加される。

表皮の増殖を高め、同時に表皮細胞の角化を促進させる。

角質の水分量と水分保持力をアップさせるため、小じわを改善する。

ヒマワリエキス

ヒマワリの種子エキス。

美肌成分を含んだ植物性脂肪を中心としたエキス。

不飽和脂肪酸であるリノール酸やオレイン酸の他、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。

リノール酸は皮膚表面にも存在していて、皮膚のバリア機能としての役割を果たしています。

オレイン酸は酸化されにくく、ヒマワリの種子エキスは老化防止にも効果が期待できる。

ヒマワリセラミドは植物性で脂質の一種です。皮膚を滑らかにするなど、美容に良い働きを持っているため、お肌の細胞と細胞同士をつないで、しっとりと潤うような効果を出してくれるのです。

またビタミンEのしっかりとした抗酸化作用によって、肌のバリア機能を正常な状態に保つ働きもします。

皮膚表面の再生を促す働きがあるビタミンB群。

微量成分としては、クロロゲンやイソクロロゲンといった、活性酸素を除去して皮膚表面の酸化を防ぐ働きを持っている物質も含んでいます。

セリン

シルクのプロテインから発見された非必須アミノ酸の一種で、天然保湿成分(NMF)に最も多く含まれる成分として、化粧品にも配合されています。

美肌・美白効果。

体内でシステインに変換され、毛髪や皮膚、爪の多く存在し、肌のターンオーバーを促進します。また、シミやそばかすの原因となるメラニンの形成を抑制するため、美白にも効果的な成分です。

成分表

パルミチン酸エチルヘキシル
化粧品の肌なじみをよくする油性基材。油剤でありながらも油性感が少なく、さっぱりとした使用感が特徴的な成分でもあることから、肌を柔軟にするエモリエント剤としても活用されています。
エチルヘキサン酸セチル
エモリエント成分の1つ。モリエントオイルと呼ぶこともあります。エモリエントというのは、肌表面を柔らかくし、保湿力のある膜を表面にはってあげる効果のこと。水分を通さない油の膜をはって、肌内部の水分が空気中に蒸散してしまわないように保護する役割を負っているわけですね。エチルヘキサン酸セチルはサラッとした手触りでべたつかないのが特徴。
グリセリン
別名「グリセロース」とも呼ばれるアルコールの一種。医薬品、化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。中でも化粧水によく配合されているようです。低温でも固まりにくいのが特徴です。化粧品を作るときにグリセリンを混ぜることで、温度変化によって液体が固まってしまう現象を、防ぎやすくなるといわれています。吸湿性によって水分を保つこともできるといわれています。水と混ざることでじんわり発熱するといわれています。化粧品に配合することで、あたたかさを感じながらのお手入れができます。
イソステアリン酸ポリグリセリル-10
植物から得られた脂肪酸のイソステアリン酸に、植物から得られるグリセリンを付加させた植物性の乳化剤。乳化作用のほか、高いエモリエント効果もあります。メイク汚れを溶かし込んですっきり落とします。
ジカプリル酸PG
油剤、親油性増粘剤、エモリエント剤、保護剤。原料を溶かし、混ざりにくい成分どうしを均一に混合する
イソノナン酸イソノニル
感触改良、エモリエント剤。粘度が低く、浸透性、延展性に優れている。エモリエント効果を持つ。イソノナン酸とイソノニルアルコールのエステルです。ベタつきが少なく、非常にさっぱり と軽い使用感の油です。
BG
保湿剤。アルコールの一種で保湿作用を持っています。かなりの種類の化粧品に保湿剤として使われています。グリセリンより抗菌性がある。保香性を持っています。
オレイン酸ポリグリセリル-2
非イオン界面活性剤として利用されています。汚れを落とす効果。油脂と水とのなじみを向上させ、水などでは落としきれない皮脂汚れや脂溶性の汚れを落とす効果が期待できます。毛穴の汚れを落とすことにより皮膚を清浄にし、肌をすこやかに保ちます。皮脂汚れを落とす/肌のブライトアップ効果/ニキビを防ぐ/保湿効果
ジステアリン酸スクロース
スクロース(ショ糖)とステアリン酸(パーム・ヤシ由来の脂肪酸)の結合によりつくられた界面活性剤です。乳化剤、分散剤として使用されています。ショ糖と脂肪酸エステルからなる界面活性剤で、乳化剤として配合されます。
ステアリン酸ポリグリセリル-10
天然由来の脂肪酸のステアリンとポリグリセリン-10の非イオン性界面活性剤です。乳化剤として食品にも使用されている比較的安全性の高い成分で、化粧品では乳化剤や分散剤として使用されています。潤いを保つ働きもあります。医薬部外品表示名称はモノステアリン酸ポリグリセリル。
酵母発酵エキス
植物由来の酵母醗酵エキスVEGAL。高い保湿力と、肌(角質層まで)へのパワフルな浸透力。酵母エキスとは主にビール酵母やイースト菌等の食用酵母を原料にして作られるもの。発酵エキスとは、乳酸菌や植物を原料に発酵させて作られたものです。
ステアリン酸酢クロース
非イオン界面活性剤の一種。ステアリン酸(脂肪酸のひとつ)とスクロース(ショ糖)を反応させてできる化合物。乳化作用、分散作用があり肌のキメを細かく整えなめらかにする効果や、光沢のあるやわらかな感触に改良したりする目的で化粧製品に配合される。乳化作用や分散作用、肌のきめを細かく整える効果などが挙げられます。
イソステアリン酸ポリグリセリル-2
ジグリセリンとイソステアリン酸からなる構造で、液状の乳化剤です。クレンジング成分や油性エモリエント成分としても配合されます。ジグリセリンとイソステアリン酸とのトリエステルで、粘性が高い液状のオイルです。固形状オイル等色々なオイル成分との相溶性が良く柔軟効果があるため、多くの製品に使用されています。
ラウリン酸ポリグリセリル-4
合成界面活性剤、エモリエント剤、乳化剤。
ココイルメチルタウリンna
ココヤシ由来の低刺激なアミノ酸系界面活性剤。
ジラウロイルグルタミン酸リシンna
天然の脂肪酸とアミノ酸をベースに作られた界面活性剤。保湿、保護、洗浄、肌荒れ防止の効果がある
1.2ヘキサンジオール
植物エキスを抽出する際によく利用される、溶剤のひとつです。溶媒として優れているだけでなく、保湿効果や防腐効果も備えていることから、手作り化粧水の保湿効果や防腐効果を目的にも配合されるようです。
カプリルヒドロキサム酸
キレート剤。キレート剤自体は食品やサプリに使用される成分で、毒性はない。安全性が高く配合量も少なくて良いらしい。無添加系や自然派系の化粧品に使われる事が多い。水の中や汚れの中に含まれた、カルシウムやマグネシウム・鉄などの金属イオンを封鎖する働き。
ミリスチン酸
飽和脂肪酸である。ヤシ油、パーム油に多い。ミリスチン酸ナトリウムは石鹸の中で特に起泡性がよく、改質剤として石鹸やシャンプーに添加される。また乳化剤としてローションなどにも用いられる。
ステアリン酸
飽和脂肪酸の一つであり、抗酸化作用があります。肌を保湿する。肌の清潔に保つ。
水酸化K
代表的なアルカリ剤のひとつの水酸化カリウムのこと。苛性カリ(かせいカリ、caustic potash )とも呼ばれる。ph調整剤や洗顔料などの界面活性剤として使用されています。皮膚表面を柔らかくする効果
パルミチン酸
飽和脂肪酸で抗酸化作用があります。しわを抑える(ビタミンAを安定化させる)。ニキビを減らす(過剰な皮脂の分泌を抑えるため)
ステアリン酸グリセリル(SE)
乳化作用、分散作用、浸透作用がある。加脂肪剤として石けんやシャンプーに使われたり、乳化の安定性を高める補助成分として配合されています。 SEというのはSelf-Emulsifyingの略で自己乳化型という意味。
ラウリン酸
飽和脂肪酸。ラウリン酸ナトリウムはこの化合物の最も一般的な誘導体。水などの極性溶媒と油の両方に対して相互作用でき、界面活性剤として水を油に溶かすことができる。
ステアロイルグルタミン酸Na
乳化剤。L-グルタミン酸とステアリン酸から得られるアミノ酸系界面活性剤の1種です。皮膚と同じ弱酸性を示し、心地よい肌触りを与え、使用後になめらかな感触が得られます。
イソステアリン酸PEG-60グリセリル
合成界面活性剤、乳化剤、洗浄剤として利用されている。200種類以上の化粧品・スキンケア商品に使われています。ベトツキのない展延性の良い化粧品を作ることが出来ます。においがほとんどない。
ヤシ脂肪酸アルギニン
合成界面活性剤として化粧品に配合されるアミノ酸系の界面活性剤。ヤシから採られたヤシ油脂肪酸とアミノ酸であるアルギニンを中和して作られたもの。
ココイルメチルタウリンMg
合成界面活性剤、洗浄剤。ヤシ油脂肪酸のタウリンナトリウム塩でタウリン系の合成界面活性剤。石けんに比べると洗浄力は劣りますが、アミノ酸系界面活性剤の中では、比較的洗浄力がある。きめ細かく泡立ち、泡切れも良いため、他のアミノ酸系界面活性剤のようにすすぎ時のぬめりがいつまでも残るということがありません。肌に低刺激であり、生分解性も高いため、安全性が高い。
乳酸Na
乳酸と水酸化ナトリウム溶液を反応させて化学的に得られる成分。 角質層に含まれている天然の保湿成分(NMF)のひとつ。広い抗菌作用と高い吸湿性(保湿効果)がある。緩衝剤、湿潤剤などとして使われる
アルギニン
天然に存在するアミノ酸のひとつ。コラーゲン生成促進などにより、創傷や褥瘡の治癒を促す。成長ホルモンや血管の若返り、シワたたるみを防ぐとともに、お肌に弾力を与え、若々しいお肌を保つことが出来るのです。角質層のNMF(自然保湿因子)を増やす働きをし、保湿対策も期待できます。
アスパラギン酸
アスパラギン酸アミノフェラーゼという酵素の働きでできるアミノ酸です。肌の新陳代謝を促進し、保湿をする効果があります。保湿剤や肌荒れ防止剤、皮膚コンディショニング剤にも使用されています。
PCA
ピロリドンカルボン酸のこと。角層細胞内に存在する肌がもともと持っているうるおい成分で、天然の保湿剤としての役割を果たしています。肌に対して潤湿性、柔軟性、弾力性を与えます。
グリシン
別名グリココルといい糖原性アミノ酸です。保湿効果に優れ、血行促進、抗菌作用、酸化防止作用、キレート作用、緩衝作用があり多くの化粧品成分とも相性がよい
バリン
α-アミノ酸の1種で分枝鎖アミノ酸。美肌効果。肌のハリを保つコラーゲン同士を結び付け、肌を内側から支えるエラスチンを構成することで、肌のハリや弾力を保つ効果があります。
プロリン
アミノ酸でコラーゲンの主要な構成成分のひとつです。体内に吸収されたたんぱく質やアミノ酸からコラーゲンの合成を促進させる働きと、、一度破壊されたコラーゲンを修復させる役割も担っています。
トレオニン
体内で合成することができない必須アミノ酸で歴史上最後に発見されたものです。天然保湿成分(NMF)にも存在し、体内でコラーゲンを合成する際の材料となります。
イソロイシン
必須アミノ酸の一種で皮膚や髪のタンパク質の構成成分のひとつです。角質のうるおいを守り、外部刺激から肌を守ります。
ヒスチジン
アミノ酸の一種。
フェニルアラニン
必須アミノ酸の一種。紫外線A波に有効と言われている。
チョウジエキス
緩和な血行促進作用や抗炎症効果や抗菌作用があり、肌荒れやニキビを防ぐ化粧品に用いられることが多いです。またシミを抑制する美白効果もあります。
カワラヨモギエキス
タンニン、フラボノイド、精油を含み、抗菌効果があるので、肌を清潔に保ち、肌荒れを防ぐ化粧品に配合されています。また、ハーブ系エキスとの相乗効果により、肌のキメを整える成分・美白成分としてエイジングケア化粧品に用いられています。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィストステリル/ペヘニル)
アミノ酸であるグルタミン酸とヤシ油由来の成分からなる「アミノ酸系油性エモリエント成分。保湿性、肌のバリア機能、水分量を保つ働きがあると言われています。
ヒドロキシエチルセルロース
天然植物繊維(セルロース)から作られ、液体に粘性を付けるために使われる。また、被膜形成の効果に優れていて皮膚の表面に保護膜を作りお肌を守るはたらきがあります。
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
スルタイン系の両イオン性界面活性剤。天然植物由来の脂肪酸をベースとした両性界面活性剤で、高い起泡力をもつ低刺激性な洗浄剤成分。
エタノール
エチルアルコール。殺菌作用があり、消毒用として使われています。
カプリル酸グリセリル
大豆油などの植物油脂に含まれる脂肪酸をエステル化して合成して作った天然由来の合成界面活性剤のひとつ。安全性が高い素材で腐敗や酸化もしにくい。
ラウリン酸ポリグリセリル-10
非イオン性合成界面活性剤。植物脂肪酸のラウリン酸と、水溶性保湿成分のポリグリセリル‐10によって作られる。乳化剤や洗浄剤、髪や皮膚のコンディショニング剤などとして使用されています。
ペタイン
アミノ酸の一種で陽イオンと陰イオンを持つ天然の両性界面活性剤。また吸湿性と保湿性が高く、浸透性に優れるため、天然アミノ酸系保湿剤として使用されている。
ヒアルロン酸Na
保湿成分。水分を保持する力のある物質のひとつでヒアルロン酸が原料。通常化粧品にはヒアルロン酸ナトリウムという形で配合されている。
水酸化レシチン
親油性と親水性の両方の性質を持つため、化粧品の中では乳化剤として配合されることが多い。皮膚コンディショニング剤や、保湿剤、柔軟剤、界面活性剤としても使われています。
ベンチレングリコール
1.2-ペンタンジオールのこと。グリセリンなどと同様の無色透明の多価アルコールでさっぱりした感触の保湿剤。防腐剤にパラベンを使いたくない化粧品やパラベンフリーと謳いたい化粧品などの保湿剤として配合されることが多い。
スクワラン
哺乳類や植物などに含まれる「スクワレン」という成分に水素を添加して酸化されにくくした成分です。主に深海鮫の肝油やオリーブオイル、ベニバナオイルが原料として使用されます。新陳代謝の促進、ターンオーバーを促進することでシミやくすみなどを予防する美肌効果があると言われています。
水添レシチン
大豆や卵黄に含まれるレシチンを安定化した成分で界面活性剤の一種。天然物質と変わらない構造で肌荒れにも効果があり、合成界面活性剤よりも安全性が高い。乳化剤にも水添レシチン使われていることがあります。また細胞間脂質の間にまで入っていくことが可能な高い浸透性があり、さらに水分保持力・保湿力が非常に高いので保湿剤としても使われています。
ナットウガム
保湿成分。大豆(タンパク)を発酵させることにより得られるエキスで、皮膚や毛髪の潤いを長時間保つ効果があります。ナットウエキスやナットウガム、ポリグルタミン酸とも呼ばれている。
キサンタンガム
多糖類の1つ。粘り気を与える増粘剤としてや、分離しやすいものを分離しないようにする安定剤として使われる。乳液や化粧水に添加することで保湿性を高めて液体の粘度を上げられます。
カルボマー
合成ポリマーの一種。正式名称をカルボキシビニルポリマーという。液体にとろみをつけて、液垂れなどが無いように使用感を向上させる働きを持っているため。化粧品を乳化安定やゲル化、皮膜形成する。それ自体に毒性は無く微生物が繁殖する事も少ない安全な成分と言われています。
イソステアリン酸イソプロピル
結合剤、エモリエント剤。イソステアリン酸とイソプロピルアルコールとのエステルです。油相成分の粘度を下げて展延性を向上させ、エモリエント効果もあり、伸びに優れていて、軽い感触を与えてくれます。
セテアリルアルコール
ステアリルアルコールとセタノールを混合して作られている脂肪族アルコールの一種。高い保湿効果で肌の水分量をキープし、お肌を保護して柔軟性を高めてくれます。ベビーローションに配合されていることもあります。
ラウリン酸メチルペプチル
エモリエント剤。ヤシやパームヤシの植物由来成分から作られるオイルで、感触は軽くてお肌を柔らかくする効果があります。
メドウフォーム油
乳液やクリームの質感にコクやリッチ感を与える目的で配合される成分。皮膚に水分を維持するための薄い膜を作り出し皮膚に水分を維持するための薄い膜を作り出せる高い保湿効果があります。耐熱温度が高いので熱による保湿効果の消失がなく、紫外線防止効果もあります。
セラミド2
保湿機能をサポートする。人の肌に備わっているセラミドの中で多くの割合を占めるのがセラミド2で、セラミドのなかでも最も高い保湿機能を持っています。
セラミド3
保湿機能とシワの深さを軽減する機能を持っていて、年齢と共に減っていってしまうのが顕著なセラミドです。
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K
酸化防止剤。略称はEPC。美白作用、肌ハリ効果、血行促進作用があります。両親媒性ビタミンC誘導体で水溶性の性質と油溶性の性質があるビタミンC誘導体でローション、乳液、クリーム、美容液に使われます。水溶性のビタミンCと油溶性のビタミンEが結合していて両親媒性があり、角層上部から角層下部まで浸透します。
セラミド6-U
保水機能、ターンオーバー促進、シワ軽減。ターンオーバーを促し、正常に行われるようにしているのがセラミド6Uの役割。不足は肌の乾燥や敏感肌、アトピー性皮膚炎への影響が特に強いといわれています。
ホホバ種子油
保湿効果、肌のバリア機能を高める、殺菌作用、抗酸化作用。ホホバの種子を圧搾・精製して得られる黄色の液体ロウで脂肪酸の高級アルコールエステルで構成されている。乾燥した皮膚を和らげ油分を補い、余分な汚れを除いてフケやニキビ、切り傷を治すために用いられる。
トコフェロール
ビタミンE。黄色〜黄褐色の粘りけのある液体で水にはほとんど溶けず、アルコールやオイルによく溶ける性質がある。抗酸化作用があり肌あれの原因となる過酸化脂質の発生を抑制してくれます。皮ふの角化を促進する働きを持ち、肌あれ防止効果があるといわれています。
ポリグリセリン-10
合成ポリマー、保湿剤、保湿・湿潤剤。
ベヘニルアルコール
乳化安定剤、エモリエント剤。ナタネ油から抽出される脂肪族アルコール。エタノールが含まれないので、アルコールフリーとうたわれる製品に使われています。肌を保護し、肌に優しくて安心して使える。
バチルアルコール
乳化剤、乳化安定剤、エモリエント剤。別名:グリセリルモノステアリルエーテルといわれる固形の油性成分で、60〜70℃で溶けるオイル高級アルコール。伸びが良く優れた保湿性がある。
セテアリルグルコシド
皮膚コンディショニング剤、乳化剤。ココナッツやコーン由来の乳化ワックス。モイスチャライザーやサンスクリーンに配合されています。
イソステアリン酸フィトステリル
エモリエント剤、乳化安定剤。植物油脂から得られたステロールとイソステアリン酸をエステル化したもの。優れた保湿作用、エモリエント効果があります。
ステアロイル乳酸Na
乳化剤。製品の柔軟性を向上させて優れた感触を与える働きをする。
ステアリン酸ポリグリセリル-4
ワックス成分、合成(ヤシ+石油)界面活性剤、親油性乳化剤。
ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10
エモリエント剤、乳化剤、分散剤。天然由来の脂肪酸のステアリンとポリグリセリン-10の非イオン性界面活性剤。潤いを保つ働きもある。
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
液体の紫外線吸収剤。シナモンの仲間の肉桂(にっけい)という植物から得られる桂皮油から作られる。UV-B波の吸収に優れている。現在の日焼け止め製品に一番使用されている紫外線吸収剤。親油性。シリコーン油との相性もいい。
酸化亜鉛
白色顔料、紫外線散乱効果、抗菌性。収れん作用、保護作用、弱い防腐作用などもある。ファンデーションの顔料やサンスクリーン剤やデオドラント剤や消臭剤に使われる。
トリエチルヘキサノイン
エモリエント剤、皮膚保護剤、閉塞剤(皮膚から水分が蒸発するのを防ぐ)。脂肪酸とグリセリンから作られていて天然に存在する液状の油脂と同じ構造を持った低粘性の液状オイル。酸化安定性に優れている、ベタつきがない、肌へのなじみが良い、柔軟効果に優れている、他のオイル成分との相溶性が良い、乳化しやすい、水蒸気透過性の優れた膜を形成する(水分の蒸発を防ぐエモリエント効果)。
オクトクリレン
紫外線吸収剤(UVB)。紫外線B波の吸収性に優れている。
シクロペンタシロキサン
エモリエント剤。環状シリコーンの一種で揮発性のある無色無臭の液体。蒸発すると撥水性や潤滑性に優れた皮膜が形成される。撥水性を利用してウォータープルーフ作用のある化粧品に配合されたり、化粧崩れ防止、質感の滑らかさや伸びをよくする、感触の改良などで化粧品に使われる。
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息産ヘキシル
紫外線吸収剤(UVA)。紫外線を吸収するためのサンスクリーン剤。UVAを特異的に吸収するとともに光安定性に優れている。
シリカ
二酸化ケイ素、または二酸化ケイ素によって構成される物質の総称。土、砂、植物、水などに含まれる天然ミネラルで人体にも存在している。コラーゲンの再生、補強。うるおいとハリのある肌を保つ。微粒二酸化ケイ素としてのシリカは化粧品の湿気による固形化を防いだり、安定化に使われる。
ナイロン-12
略号はPA12。ポリアミド系ドデカラクタムのポリマー。パウダー状や繊維状等、さまざまな形状のものがある。パウダー状のものは皮フ刺激がないためファンデーションなどの触感改良に用いられます。繊維状のものはマスカラに使われて、まつ毛を長く太く見せる。
マイカ
雲母(うんも)。花こう岩や雲母片岩を粉砕して得られる鉱物の一種。化粧品に色を付ける色材成分で、色が光をさえぎる効果により、紫外線による日焼けから肌を守る。
エチルヘキシルグリセリン
消臭作用、抗菌作用、保湿効果がある。グリセリンに2-エチレンヘキシルアルコールを結合させたグリセリン誘導体。防腐剤の使用を軽減でき、商品の安定性の保持にも使われる。
ステアロイルメチルタウリンNa
弱酸性の陰イオン界面活性剤の一つ。洗浄剤。乳化力に優れていて温度にかかわらず泡立ちが良い。洗浄力がありながら保水作用もあるので肌がしっとりしてくる。
酸化チタン
白色顔料、紫外線散乱剤。化粧品用には活性酸素を発生しにくいルチル型酸化チタンを使用します。UV-AやBを遮断する作用は酸化亜鉛より高い。
グリチルレチン酸ステアリル
抗炎症作用、抗アレルギー作用、細菌発育阻止作用など。消炎効果が強力で、皮膚炎症やかぶれの防止、肌荒れ予防、ニキビ予防のや悪化を防ぐ目的で配合。油溶性のストロイド様成分とその炭素骨格が同型をしてうるので、ステロイドと同様の抗炎症作用を発揮する。
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー
非活性剤系分散剤、乳化安定剤、不透明化剤、親水性増粘剤。水に溶かすことで水系の粘性を高める性質を持ち、乳化粒子や顔料粒子を均一安定に保つ。乳化製品の乳化安定化剤としての作用もある。これを使用する事で従来のような複数の界面活性剤を入れなくて済む。
ポリソルベート60
香料、乳化剤、可溶化剤。別名:モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン。乳化、分散化、可溶化剤としてケーキミックス、サラダドレッシング、ショートニングオイル、チョコレート等に広く利用されている。
イソステアリン酸ソルビタン
乳化剤、合成界面活性剤。ブドウ糖から得られるd-ソルビトールと、イソステアリン酸から合成された非イオン系海面活性剤の一つ。乳化剤・感触改良剤として用いられ、製品の安定性向上や、肌なじみや感触の改良をする働きがあります。
チューベロース多糖体
保湿性、天然ポリマー。チューべロース(月下香)の花びらから得られる水溶性多糖エキス。保湿作用とエモリエント作用がある。柔軟性のある薄い皮膜をつくり、温度変化はほとんどないため、寒冷や乾燥から角質を保護します。
含水シリカ
滑剤や増粘剤、皮脂吸収剤など。シリカ(二酸化ケイ素)の水和物で吸着性が高いという性質がある。汗や皮脂を吸収する。微生物や酸化によって変化しにくい安定性がある。
ハイドロゲンジメチコン
皮膜形成剤、合成ポリマー。シリコーンオイルの一種で、主に粉体に撥水性を付与するための表面処理剤として用いられます。化粧品に配合する粉体原料の表面に塗ることにで、粉体をシリコーン油やオイルに分散しやすくします。
PEG-9ジメチコン
合成ポリマー、界面活性剤。主にメイクアップ化粧品や日焼け止め化粧品の乳化剤として配合されます。肌をしっとり柔軟にする作用もあります。
水酸化Na
苛性ソーダと呼ばれることもあります。希薄溶液は表皮を軟化させる作用があります。脂肪酸と反応させて石けんを作る原料としてや、カルボマーやクロスポリマー類などと反応するとゲル化する性質があり、それを利用して乳化の安定性を高めるために配合されています。
ラウロイルリシン
皮膚コンディショニング剤。オイルではないので酸化の心配もありません

アルケミー 公式サイトはこちら